【東大生直伝】集中力を高めて勉強を効率化する食べ物と飲み物はこれだ!

こんにちは、東大BKK編集部です。

「勉強するときに集中力をあげる食べ物ないかな?」「コーヒーやエナジードリンクを飲んでいる人がいるけど、あれって体に悪いんじゃないの?」

あなたはこのように思っていませんか?

この記事を読めば、勉強する際に集中力を上げるために何を食べ、何を飲んだらよいのかが完璧にわかります!

ぜひ、この記事を活用してみてください!そして、効率的な勉強につながれば幸いです。

 

食べ物・飲み物と勉強の関係

食べ物や飲み物には様々な栄養成分が含まれています。そして、勉強をする際に役立つ成分としては

「ブドウ糖」「カフェイン」「ビタミンC」

の3つが中心となります。

ブドウ糖は、脳の活動を活発にする栄養素として知られています。

消化が早く素早くエネルギー源となる栄養素です。そのためブドウ糖を摂取することで、勉強によって失ったエネルギーを補い、集中力を取り戻すことができます。また、脳のエネルギー源はこのブドウ糖だけであるため、勉強によって「頭が疲れた」と感じる時には、このブドウ糖の摂取が不可欠なのです。

カフェインは眠気覚ましとしてよく知られています。多くの受験生は夜遅くまで勉強するために飲んでいるコーヒーやエナジードリンクには、このカフェインがとても多く含まれています。また、研究により、記憶力アップの効果があることも分かっています。さらに、疲労を回復させる効果もあり、かなり良いことづくめに見えます。

ビタミンCは、疲労回復の効果や、風邪などの病気に対する免疫力を高める効果を持っています。さらに、自律神経を調整する機能も有しており、これによってストレスを軽減します。ビタミンCの特徴としてヒトの体内では生成されないため、人為的に外部から摂取する必要があります。

集中力を高めるオススメのお菓子3選!

では、ここからは具体的にどのような食べ物が良いのか?そしてどのような効果があるのかなどを紹介していきます。

  1. チョコレート・アメ
  2. ラムネ
  3. ガム

1、チョコレート・アメ

勉強と食べ物といえば、やはりチョコレートとアメです。これらには、ブドウ糖が多く含まれており、即効性のあるエネルギー補給となります。なるべく頭が疲れたと感じる前に食べるようにしてください。ただし、食べすぎると急激な血糖値の上昇によって、眠くなります。またお菓子を食べる時間ではないので、特にチョコレートをだらだらと食べることがないように、注意してください。

2ラムネ

ラムネはここ最近特に注目されてきたお菓子です。結論から言うと、森永製菓から出ているラムネがおすすめです。森永製菓のラムネは、シンプルにブドウ糖の含有率がとても高く、疲労回復にはもってこいだと言うことがあります。

またラムネそのものには、コスパのよさ懐かしさも挙げられます。ラムネはせいぜい80円程度ですが、たっぷりと容量が入っています。また小学生低学年の頃などに食べていた懐かしさも感じるのではないでしょうか。少し遊び心を持ってお菓子を食べることもよいリフレッシュになること間違いなしです。

3ガム

ガムは栄養補給にはなりませんが、プラスの作用をもたらしてくれます。まず、研究によって、ガムを噛むことが脳を活性化し、集中力を高めることがわかっています。またガムを噛むことはストレスの軽減につながります。よくスポーツ選手がプレー中にガムを噛んでいると思うのですが、彼らはリラックスする目的で噛んでおり、勉強時のガムにもリラックス効果があります。

「むー」監修の下克上勉強計画
(↑紹介ページに飛びます)

ただし、ガムの噛むことには注意点があります。まず、意識があまりにも「噛む」ことに向く人は、そもそも噛まない方が良いでしょう。勉強がおろそかになっては本末転倒です。また、ガムの噛みすぎに注意が必要です。噛みすぎるとお腹がゆるくなりやすく、なんどもトイレに駆け込むことになりかねません。これらに注意してガムを噛んでください

お菓子を食べるときの注意

集中力を高めるためにお菓子を食べる時には、注意点があります。

まず、本質的に脳が疲れているならば、少々糖分を摂取したくらいでは回復しません。それならば、糖分を摂取した後に思い切って仮眠することをおすすめします。脳の疲れを取るという意味では、仮眠の方が抜群に効果的です。

また、上記で紹介したものも含めて、間食はあくまでも小腹が空いた時に食べるようにしてください。お腹が空いたから、チョコレレートや飴をずっと食べ続けていると、逆に血糖値が急上昇しすぎて眠気を催します。すると、かえって集中力が下がることは言うまでもないでしょう。

もしがっつり食べるならば、一度勉強の手を止めて、三食のうちの一食としてしっかり食べる方が気持ちもリフレッシュできておすすめです。

【おまけ】 野菜・フルーツを食べて健康な体を維持しよう

野菜ジュースはNG

それでは具体的に何を食べれば良いのでしょうか。前提としては、「全ての栄養素をバランスよく摂取する」と言う教科書的なものが挙げられます。しかし、これは高校生にはほぼ不可能です。と言うか、高校生でなくとも、毎日(厚労省の指針に基づいた)バランスの良い食事を食べることができている人なんて、日本人の1%もいないのではないでしょうか。

また、毎日勉強する上で前提となるのは健康な体です。すなわち、風邪をひいたり病気にかかったりしない体を作る必要があるのです。特に受験生に伝えたいのですが、

あなたの体は想像以上に弱っています

特に、今まで部活をした運動部の人は、自分の体力や健康状況について過信しがちですが、受験生には部活をしていたほどの抵抗力は残っていません。証拠と言っては何ですが、筆者の高校時代の野球部の友達は、高三の12月に風邪をひき人生で初めて学校を休みました。野球部でさえ風邪をひいてしまうのに誰が絶対に風邪を引かないと言えるのでしょうか?

 

したがって、以下に挙げるものを、毎日ではなくて良いので、少なくとも1週間に2回、可能であるならば3回食べるようにしてください

食事は「健康な体の維持」という長期的な視点で、集中力を高めるといえます。

(ジュースではない)野菜・フルーツ

そして、彼のように受験直前期に体調を崩さないようにするためには、日頃から野菜やフルーツを摂取しておく必要があります。野菜やフルーツを摂取することで、ビタミンCを体の中に入れ、風邪やインフルエンザに対抗する強い抵抗力をつけることができるのです。

ポイントは「ジュースではない」と言うところにあります。もちろん野菜ジュースやフルーツジュースが手軽で体に良いことは認めます。しかし、そうはいってもジュースはジュースです。いくら「1日相当の栄養素」が入っていても、固形の野菜やフルーツには勝つことはできません。

その理由は、生の野菜やフルーツを食べることによってのみ、ビタミンCや食物繊維をきちんと取ることができるのです。実はビタミンCや食物繊維は野菜ジュースを作る過程で、その大部分が失われており、ジュースから摂取することは難しくなっています。

オススメは、サラダとして、ブロッコリーを食べることです。実は単純な含有量で言えば、赤ピーマンや黄ピーマンも方が高いのですが、ピーマンはどうしても加熱して食べがちです。加熱するとビタミンCは失われてしまうので、やはり生のブロッコリーをサラダせ食べる方がより多くのびたみんCを摂取できます。

集中力を高めるオススメの飲み物3選

さて本命の飲み物に入ります。飲み物は食べ物に比べて非常に手軽かつすぐに摂取できるため、多くの人が依存しがちです。特に「カフェイン」を含んだものは、高校生のみならず、大学生・社会人でも多くの人がお世話になっているはずです。

また飲み物は集中力を高めると言うよりむしろ

「眠気を覚ます」

という面が強いものばかりです。したがって、マイナスをプラスに変えるお菓子などと異なり、「飲み物はマイナスをゼロに戻しているにすぎない」ことに留意して起きてください。

ちなみに最初の「コーヒーやモンスターエナジーが体に悪いのではないか?」という疑問に答えると、「適当な」量を飲んでいる限りは体に悪くはなく、眠気を覚ます効果がある、というふうになります。

  1. コーヒー
  2. エナジードリンク
  3. ミネラルウォーター

1、コーヒー

最初に紹介するのは言わずと知れたコーヒーです。コーヒーには、1杯あたりおよそ120mgものカフェインが含まれています。そして最初にも紹介した通り、カフェインには眠気を覚ます効果が含まれています、ただし、この効果が効き始めるのは飲んでから30分後からだということが明らかになっており飲んですぐには効果は出ません。

したがって、眠いときにオススメしたいのは、

  1. コーヒーを飲む
  2. 20分間仮眠する
  3. 勉強再開

という流れです。眠気を催している以上むやみに抵抗するのは効率を落とすだけです。そこで一度仮眠をってから勉強を再開することで、その頃合いからカフェインの効果を発揮させ始めることができます。筆者の友達の東大生の多くも、この方法を使って試験勉強をしています(笑)。

また、カフェインを過剰摂取すると夜眠れなくなるので注意が必要です。また利尿作用があるためトイレが近くなりやすいでおす。

2、エナジードリンク

エナジードリンクについても、コーヒーと同様、含有されるカフェインによって眠気を覚ますというプラス効果が挙げられます。またエナジードリンクを飲んでいる方が、なんとなく若者ぽくてよい、という考え方もわからなくはありません笑。

そしてせっかくなので、ここでは2大エナジードリンクの比較を軽く行います。もちろん「モンスター」と「レッドブル」です。

 モンスター(355ml)レッドブル(185ml)
カフェイン142mg80mg
アルギニン444mg222mg
希望小売価格(税別)190円190円

ここでは、希望小売価格が同じ190円であるモンスターの355mlとレッドブルの185mlを比較してみます。カフェイン含有量については、モンスターがレッドブルの2倍弱の数字となっています、また疲労回復に効果があると言われているアルギニンは、モンスターがレッドブルのちょうど2倍の数字を出しています。

これらからわかるように、コスパが良いのは明らかにモンスターです。ただ、結局は自分の好みや飲むときの体調にも夜と思うで、そこは各人が適宜調整すれば良いと思います。ただし、1度に200mg以上のカフェインを摂取するのは体に悪いため、一度に大量に飲むことだけは避けてください

3、ミネラルウォーター

「ミネラルウォーター」などと格好つけた言い方をしていますが、雑に言えば「水」です。上記のコーヒーやエナジードリンクは、眠気覚ましの意味合いが非常に強かったですが、ミネラルウォーターは単純に体をメンテナンスするために飲みます。

水分不足は集中力の低下や疲れの蓄積につながります。特に寒い冬には、喉の渇きを感じず、飲み物を飲むことすらないかもしれません。しかし、喉が渇いていなくても2時間に一回など定期的に水分を取ることを心がけましょう。

また、ミネラルウォーターだと飲み終わった後の、口の中に匂いやベタつきも気にならず、より勉強に集中することができます。大学のキャンパスでも、ミネラルウォーター片手に移動する大学生を数多く見かけます(笑)。

飲み物を飲むときの注意

飲み物に関する全体の注意としては、「飲みすぎない」ことが挙げられます。カフェインの過剰摂取に繋がることもさることながら、利尿作用もあり、特に寒い冬にはトイレが近くなりがちです。模試や入試でトイレのことが気になって、問題に集中できないと言うことがあっては、元も子もありません。

そこで、可能であるならば、飲み物ばかりに依存するのではなく、同じ成分を食べ物で摂取できないか考えてみましょう。例えばブッラクチョコレート1枚には、コーヒー1杯分ものカフェインが含まれています。そもそも過剰摂取をしてはいけませんが、飲み物を避けると言う意味で、チョコレートに変えるのも一つの手です。

勉強中に集中力を高める食べ物・飲み物のまとめ

結論としては、

  • お菓子にしろ飲み物にしろ、適切な量に留める
  • あまりにも眠いならば、しっかり仮眠をとる

という2点が挙げられます。なんども繰り返しになりますが、飲むこと・食べることによって勉強に悪影響を与えては本末転倒です。自分でしっかりと考えて、食べ物や飲み物を選ぶようにしましょう。

 

自分だけの勉強計画が
欲しい人へ

受験に必要なのは信頼できる先生でも塾でもありません。

合格から逆算した勉強計画です。

あなただけのオリジナルの勉強計画が欲しい人はぜひ、

【BKK推薦】オリジナル勉強計画で勉強を効率化する方法
(↑紹介ページに飛びます)

をご覧ください。

まずはオリジナル勉強計画の
具体的な内容を見てみる

RELATED