高3秋の勉強計画

*この記事は現在編集中です*

「受験の天王山」と言われる夏休み。「受験の直前期」と言われる冬休み。
その真ん中にあるのが秋休みです。

夏や冬ほど休みが長くないとはいえ、やはり秋休みの過ごし方が入試の合否に大きな影響を与えることになるのはいうまでもありません。

また、部活に精を出している人の中には、引退が夏休み後で、秋からやっと本腰を入れて受験勉強に取り組む、という人もいるでしょう。

ここではそんな秋休みの、理想的な勉強計画について解説していきます。


高3秋の計画表

<プロフィール>
名前:柴田菜々子
高校:光塩女子学院高等科
出身:東京都
生年月日:1998/8/16
現浪:現役
科類:文科二類
趣味:観劇
得意科目:英語/日本史
苦手科目:世界史

~柴田さんから一言~

二学期は長いです。そして二学期が終わるとついにセンター試験が現れます。夏休みまでに身につけた基礎知識を応用していく段階ですから、より一層綿密に計画を立てましょう。かと言って、心配することなかれ。じっくりコツコツ、着実に前進していきましょう♪

私の計画表は二種類に分かれています。下の説明を参考にしてぜひ真似してみてください!

↑高三の二学期間にどのように問題集などを進めていくかについてを、月単位で計画した表です。なんの問題集をいつまでに終わらせるのかを矢印を使って視覚的にわかりやすく書いてあります。

↑月単位の学習表を元に、一週間ごとに何をするかを決めて書き込んで言った計画表です。赤で×印がついているのが実際にはやらなかった分で、一番下には九月以降の累計勉強時間が書いてあります。

~解説~

まず月ごとの計画を立て、次にそれを週ごと・日ごとと細かくして計画を立てています。こうすることで、計画倒れを一週間ごとに吸収することが可能になり、スムーズに勉強が進んだようです。


夏後のVision

<プロフィール>
名前:関口大海
高校:愛光学園高校
出身:東京都
生年月日:1998/12/28
現浪:現役
科類:文科一類
趣味:ヒッチハイク
得意科目:英数
苦手科目:特になし

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

~関口君から一言~

これは僕が夏休み明けに改めて今後の方針を考える際に書き出した、秋に向けてのビジョンです。

「計画」ではなく「ビジョン」ですのであくまで大きくてぼんやりしたものですが、方針を再確認する上では最適な抽象度なのかなと思います。

~書き起こし~

具体的に彼が各科目の秋に向けたビジョンをどう捉えていたのか、ノートの内容を書き起こしてみた。

英語:・ひたすら速度を高める練習を積む
・過去問演習をメインに緻密な得点力をつける

数学:・4完の思考力を安定させる
・整数、確率などの頻出分野を別個に買って攻略する
・漏れがなく効率の良い記述を訓練する

現代文:・過去問演習による実力の安定

古典:・夏にやったことの復習
・正確な得点力の養成

日本史:・教科書の通読を繰り返す+アンキ事項の維持
・テーマ別に知識を体系化する
・過去問演習を積む→緻密な得点力

世界史:・教科書の通読を繰り返す+アンキ事項の維持
・タテ/ヨコを自分の手でまとめ直す
・大論述の本格的な対策を行う

~解説~

彼の説明にもある通り、これは彼が夏休み後に今後の方針をぼんやりと書き出したものだ。
「どの教科書を使うか」や「いつまでにやるか」と言った具体的なことは書かれたいないが、そうしたこともこの大方針に照らし合わせながら考えて言ったのだろう。

 

 

*この記事は現在編集中です*

Coming soon…

☆BKKトップページへ☆

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

Facebookフォローはこちら!