週間計画/反省会

「一日のやること」を考える上では、一週間でどれだけ前進したいのかという視点が欠かせません。

一週間の目標が明確であって初めて、効果的な「日単位ToDoリスト」を作ることができるのです。

一週間の目標を考える上では、まず日曜日を一週間の区切りとして考える習慣をつけなくてはなりません。

日曜日には必ず、その週の振り返り次の週の目標設定を行う習慣を作りましょう。

一週間の振り返りを行う視点としては、
・今週イベントとしては何があったか
・毎日の勉強時間はどれくらいであったか
・全く勉強しない日はあったか
・科目ごとに勉強量を考えた場合バランスが取れているか
・先週末立てた目標をどれくらい達成できたか
・達成できなかった項目に関してその理由は何か

などがあげられます。

もちろんここはみなさん独自の視点で反省会を行ってくれたので構いません。

その上で、一週間の反省を踏まえた次の週の目標を立てましょう。

さらに、目標をたてるだけでなくそのために具体的に何のテキストをどれだけ解くのか、と行ったレベルにまで落とし込んでいくことが大切です。
最後にそうして挙げられた演習ノルマや暗記ノルマを、一週間の中でどのような配分でこなしていくのか、日割りにするところまで落とし込むことができれば完璧です。
そこまですれば、他人の何倍も有意義な一週間を過ごすことができるでしょう。

Weekly Schedule を固定して科目のバランスを!

~プロフィール~
名前:大木涼太郎
高校:巣鴨高校
出身:大阪
生年月日:1998/1/18
現浪:一浪
科類:文科二類
趣味:一人旅
得意科目:英/社
苦手科目:現代文

~大木君から一言~

僕の場合、現役時代に受験がうまくいかなかったのは科目間のバランスが崩れてしまったことが大きな要因だった。
この二つの計画表は浪人時代に作っていたものなんだけど、科目の得意不得意を考慮して、一週間にどの科目に対して何時間くらいかけるかを計算し、それを一週間の計画表に落とし込んでいた。
途中で若干の修正を加えたけど、基本的に一学期はこのスケジュールで毎日を過ごしていた。
特に、科目間のバランスが崩れちゃっているという人には結構オススメだね!!

~Weeklyやること~

一週間でやることを固定化して、原則として一週間の勉強はこれに即してやることにしていた。
この表を作るメリットは、科目間の時間管理がしっかりしているために、科目間のバランスが崩れないで勉強を進めることができるということだ。

~対応テンプレート~

~Dairy Time Scheduleにまで落としこむ~

一週間でやることを固定化したら、毎日いつ何をやるかを予定表に落とし込んでいくだけ!
これを作れば、毎日予定を考えなくてもこれを見てやればOKになる!

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

~このノートの作り方~

自分が一週間で何時間勉強できるのかを把握し、その使える時間のうち何時間をそれぞれの科目に振り分けるのかを計算する。例えば、週40時間英語:15時間、数学:15時間、国語:10時間)
②週間計画表に自分が割り振った時間内で各科目をいつ何時間やるかを落とし込んでいく
③ ②のステップが終わったらあとは毎日いつ何をやるかを落とし込んでいく

~対応テンプレート~

weekly予定表


週間計画表を作ろう!

~プロフィール~
名前:関口大海
高校:愛光学園高校
出身:東京都
生年月日:1998/12/28
現浪:現役
科類:文科一類
趣味:ヒッチハイク
得意科目:英数
苦手科目:特になし

~関口君から一言~

今回お見せするのは、僕の2週間分の週間計画表です。これは8月に作ったものですね。月単位で到達目標などを考えたら、それを達成するためにやるべきことを週単位にまで落とし込んで考えて行くことが必要です。
まずは、一ヶ月が4週間からなることを意識しながら各週のやるべきことを決めていきましょう。それを具体的に書き出したのが右ページです。
やることの概要を書き出したら、それをどのような配分でやって行くのかを明確にするために、左ページのように配分表を作ってみることもお勧めします。

~解説~

本サークル内では、彼は受験勉強を戦略的にやり通したことで有名で、今回の週間計画表も彼のそんな一面が伺える。彼はまず月単位の到達目標をぼんやり描き、それを達成するために週単位で具体的なやることリストに落とし込んでいる。1週間でやることを項目として書き出し、それを一覧にしたもの(右)をまず作った上でそれをどのような配分でこなして行くのかという配分表(左)を作っている。配分表では項目やジャンルごとに色分けし、一日にこなす箇所を矢印でつなぎながら配分していっている。

~このノートの作り方~

①一ヶ月の目標から逆算して一週間のノルマにまで落とし込む
②一種間のやることを具体的に書き出す
③それをこなす配分を考える
④やることリストの配分表を作る

~対応テンプレート~

公式冊子『受験戦争』

“週間計画/反省会”対応ページ

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

(*写真をタップすると冊子紹介ページに飛びます*)