科目別勉強“計画”

*この記事は現在編集中です*

ここまで時間軸や試験及びその分析などの観点から解説してきましたが、ここでは科目別の具体的な埋距離戦略を考えて見ましょう。

私の科目別勉強法

~プロフィール~
名前:柴田菜々子
高校:光塩女子学院高等科
出身:東京都
生年月日:1998/8/16
現浪:現役
科類:文科二類
趣味:観劇
得意科目:英語/日本史
苦手科目:世界史

~柴田さんより~

以下は私の科目別勉強法を高1から高3までまとめ直したものです。
あくまで私がどうやって勉強したかであって、これが一番とかそういうことではないですが(周りの人よりも早いペースで勉強しました)、参考になれば幸いです。

<英語>
高1:センター試験レベルの読み物の読解・そのなかで単語の暗記
→塾で扱った教材の勉強しかしていません。

高2:二次試験を想定した読解・そのなかで単語の暗記
→これも塾のみ。鉄壁レベルまで単語を覚えておいたのでセンター同日でも本番より点が良かった(高三何してたんだ…)リスニングをもう少しコツコツやればよかったです。

高3:二次試験で周りよりも優位に立つための問題演習
分野別で苦手な部分があれば一学期までに潰しましょう。高三では英語は塾のみ。復習だけし続けました。塾で過去問はやらなくて良いと言われたのであまりやっていないです。

<数学>

高1:数ⅡBまで終わらせる。
→とりあえず終わらせただけです(笑)。学校では4STEPがいつもテスト前に終わらなくて焦ってました。時間がなければ青チャートを全部やればそれで十分です。4STEPは計算練習みたいなものなので、時間がなければ青チャートみたいな網羅系をやれば良いと思います。

高2:基本的な演習
→ほぼ塾の予復習だけしてました。一度解いたものは「どうしてその解法を使うのか?」を考えて次に活かせるようにしましょう。何度も復習するのが良いです。青チャートが高二までに終わると良いペースです(というか絶対やるべき。やってないけど…)。一対一とかもやってました。東大同日では本番よりも10点高い点が取れていました(むしろ高三の意味とは..)

高3:応用演習
→塾の予復習だけしてました。解いて解法の本質を捉えて復習するというサイクルが大事です。夏休みくらいから過去問を解いていました。「鉄緑会東大数学問題集」は絶対買うべき!10年分のものと30年分のものと両方買いました。20年分ときました。また、すごく暇なら夏より前に「入試数学の掌握」をやると良いです(私は高二でやったのですが早すぎたなと感じたので高三が良いと思います)。東大京大阪大の医学部志望向けですがやる価値は大いにあります。

<国語>

高1:古文の基礎・漢文は完成
→塾で高二の人々と一緒に古文をとりました。古文単語は成り立ちから覚えると応用がきくので良いです(栗原隆「頻出古文単語250(駿台受験シリーズ)」がオススメ)
漢文は夏に四日間夏期講習をとりました。漢文は漢文必携全てをやらなくて良いです。出る漢字はほぼ決まっているので、重要漢字の読みや意味を覚えましょう。これでセンターは問題なくなりました。「漢文早覚え速答法」を二周くらいすれば完璧です。なんというコスパ。

高2:現代文(センター~私大レベル)
→東進のみ。現代文は文章の論理構造を把握していけば良いようです。センター試験であれば傍線部の2ポイントを押さえればどんどん解けるようになります。

高3:現代文(国立二次~東大二次レベル)
→東進のみ。国立の現代文は論理的に良問と言えるものが多いです(阪大文学部とかはフィーリングもいる)。二学期は東大の過去問しかやっていないです。古文漢文は「鉄緑会東大古典問題集」が本当に良いです。10年分やれば良いです。

<日本史>

高1:何もやっていないです(…)
→テスト前々日くらいになって急に暗記していました。

高2:通史暗記
→Z会東大進学教室の松田博明先生はめちゃくちゃいいです(特に早慶志望の人)。暗記のプロ。とりあえず体験授業受けましょう。実際、慶應を日本史で受けましたが結構いけました。

高3:通史復習と論述演習
書いた論述は第三者に添削してもらわないとダメです。過去問は25カ年を使っていました。高3の初めから解き始めたので25カ年全て解ききり、解法を記録しました。東大志望は東大の日本史論述が他大学とはかなり違うということを心に留めておいた方が良いです。

<世界史>

高1:何もやっていないです(…)
→世界史嫌いなので高一終了時にナポレオンとロベスピエール以外全部忘れてました。実話です。(笑)

高2:ほぼ何もやっていないです(…)
→世界史嫌いなので放置。夏期講習だけとりましたが復習をしなかったので意味がないですね…

高3:勉強時間の半分を世界史に吸われる
→今までのツケが…!!(笑)でも他教科の基礎は高2で完成していたので世界史に時間を割くことができました。塾で世界史をとりましたが先生が途中で倒れて通史が終わりませんでした。そのままずるずる引きずり、二月に過去問演習を始めました(泣)。でも本番は人並みの点はきました…

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

 

<全体>
基礎を大事にするということを忘れないでください。基礎が固まっていないのに応用に手を出しても効果的な勉強にはなりません。また、やはり受験勉強というのは早くに意識し、早め早めで逃げ切った方が有利なのかなと思います。フライングせよということです。みなさんの志望校合格を祈っています!

~関連記事~

「高1、高2からの合格体験記」へ


世界史の通年計画

~プロフィール~
名前:澁谷恒平
高校:筑波大付属高校
出身:東京
生年月日:1997/7/11
現浪:一浪
科類:文科二類
趣味:野球
得意科目:英語/数学
苦手科目:(現役時は数学)

~澁谷君から一言~

これは僕が浪人時の夏休みに作った一年間の世界史勉強計画です。
通年計画と言っても作ったのは夏なので、それまでの分は「こうしていた」ということが書き込まれています。
時期ごとの視点と大問対策という視点から通年計画をたててみました。
みなさんの参考になれば幸いです。

~書き起こし~

世界史

夏まで授業の復習中心。講義編おしっかり理解することを第一目標にした。論述は、論述テキストの基本問題と添削の復習

テキストの大論述。過去問は講習で扱うものを少し。

夏前と同様に講義テキストを復習。

直前期大問1,2の過去問

通年(すきま時間)一問一答と論述テキストの基本問題

復習講義編のテキストの重要なところ、覚えてないところ、論述に出るところを色分けして線を引いたり、用語だけ端に書き出したり。論述編基本問題で関連のものがあれば解答の文をそのまま写した。疑問はフセンにしてあとで質問。

大論述:何も見ずにメモをつくる→(全く書けなさそうだったら)調べてメモに付け足す→用紙に書く、の3つの段階に分け、それぞれかかった時間を記録した。その後、解答の加点ポイントを見ながら採点してみて(たまにフェローも利用)、落としたポイントは用紙の余白に箇条書きにした。分かっていなかったことはテキストで調べた上で余白にまとめた。
直前期は河合塾解答、市販参考書、赤本の解答を照らし合わせて採点した。

小論述:直前期や模試前に過去問をやった程度。以降を覚える時に比較などを意識するようにした。

論述編基本問題:加点ポイントを覚えるようにした。解答に線を引き、問題にはポイントがいくつあるかを書いて、小さく裏表にコピーしたものを電車の中などで繰り返し見て、問題を読んで加点ポイントがか言えるようにした。=

~関連記事~
「世界史勉強法」へ


現代文読解のコツ

~プロフィール~
名前:大木涼太郎
高校:巣鴨高校
出身:大阪
生年月日:1998/1/18
現浪:一浪
科類:文科二類
趣味:一人旅
得意科目:英/社
苦手科目:現代文

~大木君による解説~

これは僕が受験期を通じて体得した「現代文を読解するコツ」だね。
現代文とは与えられた文章を論理的に読み解いてく科目のことで、指示語/接続語/具体例/結論、などに注目し、文章のパートごとの役割が理解できるようになることがその第一歩だね。

文章の論理構造を把握する上で重要なポイントは、
1イコールの関係
2対立関係
3因果関係
をきちんと見抜けるようになることだ。(BKKの公式冊子の方に詳しく書いてあるからそちらを参考にして欲しい)

また、随筆文と小説文でスタイルは大きく異なる。それの特徴をしっかり理解した上で文章の内容を把握していくためのアプローチを体得していこう!

~関連記事~

「現代文勉強法」へ

*この記事は現在編集中です*

Coming soon…

フォローはこちら!

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

☆BKKトップページへ☆