生物の勉強法(2)

テスト勉強

テスト後の段階においては教科書レベルの知識がしっかり頭に入っているかを問題演習を通して確認していくのが一番大切です。

これに適している有名な問題集が『セミナー生物基礎+生物』(第一学習社)です。まずはこのセミナーのような問題集の基本問題レベルの内容をきっちりと抑えることが大事です。

基本問題に手応えが掴めたら応用問題、さらに章末問題と、自分の到達度に合わせて問題演習のレベルと量を考えながら進めていきましょう。

ところで、最初にテスト範囲の大事な内容をまとめようとする人もいらっしゃるかもしれませんが、授業をちゃんと受けていれば必要ないと思いますし、重要な単語の意味すら覚えていない状態で大事な内容を教科書の中から見抜くのは至難の業だと思うのでオススメはできません。


受験対策

多くの公立校や一部の私立校でも高3の夏までには生物の全範囲が授業で終わらないと思います。しかし、やはり高3の夏休みは理系理科の最大の山場ですし、たっぷり時間をかけていい時です。

もう一つの理科や主要三教科の自信によっても変わってくるかとは思いますが、一回の勉強に長時間かかってしまいやすい生物に関しては夏休みこそが「やりどき」と言えます。多少時間がかかっても不安をなくすためにしっかり復習したいところです。

夏休みにしっかり復習できたら、秋からは『実戦 生物重要問題集—生物基礎・生物』(宮田幸一良/数研出版)を使った、より実戦的な演習にシフトすることをお勧めします。

難度はやや高いですがやはり良問ぞろいですし、何よりセミナーよりも解答と解説のレベルが全体的に高めです。特に記述問題は頻出のものが揃っているので、自分の中で解答をパターン化できるまで解いてと思います。

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

そして過去問を解き始めるのも遅れてはいけません。生物は大学ごとに問題のクセが強いので過去問の重要性は大変高いです。

ただ、過去問の解答は素晴らしすぎることもあれば、雑すぎることもあります。「限りある時間の中で生物を勉強した高校生が素直に書ける解答」が理想です。ですから、過去問を解いたら先生にみてもらうのが一番いいと思います。


以上、生物の勉強法を見てきました。授業レベルから受験勉強に至るまで、生物の特徴である暗記量の多さはやはりついて回ります。ただ一つ言えることとしては、やった量だけ確実に成果が現れる科目です。ある日突然できるようになるのではなく、正しい勉強法で地道に続けていけば成長も着実についてきます。一歩一歩、学習を進めていきましょう。

 

 

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

(1)「授業・普段の勉強」