【2019年度最新版】明治大学の偏差値を学部別に紹介!学部ランキングにキャンパスの場所も!

皆さんこんにちは、東大BKKです!

今回は明治大学の偏差値をテーマに解説していきます。学部別の偏差値ランキングもあるので、これを読めば明治大学について丸わかりです!

 

記事は2~3分で読み終わります。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

【明治大学】偏差値ランキング2019

明治大学の学部別偏差値をランキングで並べると以下のような形になります。それぞれの学部で試験科目や日程が違うため、あくまで目安のランキングです。

  • 政治経済学部 偏差値:62.5〜67.5
  • 文学部 偏差値:60.0〜67.5
  • 国際日本学部 偏差値:62.5〜65.0
  • 法学部 偏差値:62.5
  • 商学部 偏差値:62.5
  • 経営学部 偏差値:60.0〜62.5
  • 情報コミュニケーション学部 偏差値:62.5
  • 理工学部 偏差値:55.0〜62.5
  • 農学部 偏差値:60.0〜62.5
  • 総合数理学部 偏差値:52.5〜60.0

政治経済学部が、入試形式に関わらず高偏差値であることがわかりますね。また、全体的に文系学部の方が理系学部より偏差値が高いようです。明治大学は文系の学生に人気だということでしょう。

それでは以下で、各学部における受験日程方式や学科別の偏差値について見ていきましょう。

明治大学の学部別の偏差値一覧

今回は明治大学の偏差値を学部別に全部紹介していきます。

全学部の偏差値一覧を結果だけ見たい方は「明治大学の学部別、偏差値ランキング」からご覧ください。

ぜひ、あなたの興味のある学部の偏差値を見てみてください。それでは早速紹介していきます。

(データは河合塾さんのものを引用したものです。)

明治大学 法学部の偏差値

明治大学法学部の偏差値は62.5です。

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

一般選抜試験も全学部統一試験も偏差値が変わりませんので、英語が得意な方は一般選抜試験を、あまり得意でない方は全学部統一試験を受けるといいでしょう。

同レベル帯であるMARCHの他の法学部の偏差値を見てみると、中央より少し低く、立教・青学と同じくらいで、法政より少し高いといった感じです。

明治大学 商学部の偏差値

明治大学商学部の偏差値は62.5です。

「むー」監修の下克上勉強法
(↑紹介ページに飛びます)

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

商学部は英語4技能試験利用方式を採用しています。これは、

英語4技能の資格・検定試験のスコアが所定の基準を満たせば、入学試験当日の「外国語」の試験を免除し、さらにスコアに応じた得点を他の科目の合計点に加算(する)

明治大学公式サイト(https://www.meiji.ac.jp/keiei/4skills.html)より

というものです。英語が得意な方は是非活用してみてはいかがでしょうか。

明治大学 政治経済学部の偏差値

明治大学政治経済学部の偏差値は62.5〜67.5です。

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

いずれの学部も全学部統一入試の方が偏差値が高いため、明治大学政治経済学部を第一志望にしている方は一般選抜入試が本命になるでしょう。

明治大学 文学部の偏差値

明治大学文学部の偏差値は60〜67.5です。



学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

全学部統一入試の心理学科臨床心理学専攻は偏差値67.5と明治大学でトップクラスの難易度です。一般選抜試験でも62.5と、人気の高さが伺えますね。

明治大学 経営学部の偏差値

明治大学経営学部の偏差値は60〜62.5です。

 

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

経営学部も商学部と同じく英語4技能試験活用方式を採用しています。偏差値が比較的低いため狙い目だと言えるでしょう。

明治大学 情報コミュニケーション学部の偏差値

明治大学情報コミュニケーション学部の偏差値は選抜形式に関わらず62.5と、明治大学の中では比較的高いようです。

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

「情報」と名がついていながら、数学は必修ではありません。また、全学部統一試験では英語以外は選択式とかなり自由度が高くなっています。

明治大学 国際日本学部の偏差値

明治大学国際日本学部は、2008年に設置された、総合数理学部に次いで新しい学部です。偏差値は62.6〜65と比較的高くなっています。

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

国際日本学部は、一般選抜試験では国語の配点が高い一方で、個別学力試験では英語の配点が高くなっています。得意不得意に応じて自分にあった試験方式を選べるようになっていますね。

明治大学 理工学部の偏差値

明治大学理工学部の偏差値は、55〜62.5と学部・選抜方法によって大きく異なります。

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

一般選抜試験は一般的な理系学部の入試科目となっていますが、全学部統一試験では学科によって理科の科目が異なります。また、数学の配点が大きいのも全学部統一試験の特徴と言えるでしょう。

明治大学 農学部の偏差値

明治大学農学部は、偏差値60〜62.5と私立大学の農学部ではトップレベルの偏差値です。

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

農学部は、理系学部でありながら国語を選択することができますし、数学・理科を使わずに受験することもできます。

明治大学 総合数理学部の偏差値

明治大学総合数理学部の偏差値は、52.5〜60.0となっています。明治大学の学部の中では比較的入試難易度が低いと言えるでしょう。

学科・定員・個別試験科目は以下の通りです。

全学部3科目試験では数3が必要ないのが特徴的ですね。理科もいらないため、文系の人でも受験できるようになっています。

明治大学の偏差値 推移

明治大学の偏差値はここ数年でどのように推移したのでしょうか?

学部別偏差値では信頼できるデータがなかったため、大学全体の偏差値推移をご紹介します。

(河合塾の算出した偏差値を使用しています)

  • 2017:60
  • 2018:62.5
  • 2019:65

ここ3年で右肩上がりに上昇していますね。ちなみに、2019年の偏差値65という数字は、青山学院大学・中央大学と同じです。MARCHの中ではもともとこの両校が強かったのですが、2019年はこれに明治大学が並んだという格好です。人気の上昇がうかがえます。

明治大学の偏差値 まとめ

MARCHの一角を担う明治大学は、ほとんどの学部が偏差値60前後である私立大学上位校です。一筋縄ではいかないレベルの大学ですが、本サイトの学習アドバイスを活かせばかなり合格は近づきます!

また、学部学科や受験方式によって使用する科目が大きく異なるので、自分の得意な分野で戦うことができます。これを生かして受験戦争を有利に乗り切ってくださいね。

 

自分だけの勉強計画が
欲しい人へ

受験に必要なのは信頼できる先生でも塾でもありません。

合格から逆算した勉強計画です。

あなただけのオリジナルの勉強計画が欲しい人はぜひ、

【BKK推薦】「むー」の下克上勉強法
(↑紹介ページに飛びます)

をご覧ください。

まずは下克上勉強法の
具体的な内容を見てみる

RELATED