日単位ToDoリスト(1)

皆さんの中には、「ほんのちょっとだけ」と言ってテレビやYouTubeを見始め、気がついたら何時間も経っていた、という経験がある人はいませんか?

受験戦争を戦うみなさんにとって、一日一日が真剣勝負であることは言うまでもありません。

「結局今日も何もせず終わってしまった」はその時点で敗北宣言です。

そうした「無駄」に流れがちな弱い自分をまずは自覚し、毎日を目的意識を持って過ごすのだという意識を持ってください。

目的意識を持つために必ずやっていただきたいのが、「日単位ToDoリスト」の作成です。

具体的な方法としては、「寝る前に明日やることを紙に書き出す」ということを習慣化して下さい。

そしてそれを一日中ポケットに入れて持ち歩きましょう。

自分が一日の中で何をしなければいけないのか、はっきり自分に教えてあげるのです。

チェックリスト形式にして潰していくとより効果的です。

また、一日のやることを書き出すという作業は、当日の朝ではなく前日の夜にするよう習慣を作りましょう。

当日朝は何かと忙しく、面倒に思ってやらなくなってしまったりしますし、前日夜であればその日の反省を踏まえた計画づくりができます。

さらに、持ち歩く紙には

・勉強時間の記録
・生活面でのやること
・ふと思いついたことのメモ

なども書き込んでいくとより効果的です。

一日にどれだけの前進ができるかは、その一日をいかに活用したいかという目的意識をどれだけもてているかによって決まります。

皆さんがしっかりと毎日の計画を立て、一日一日を有意義に過ごして下さることを願っています!


やることリストを作ろう!

<プロフィール>
名前:関口大海
高校:愛光学園高校
出身:東京都
生年月日:1998/12/28
現浪:現役
科類:文科一類
趣味:ヒッチハイク
得意科目:英数
苦手科目:特になし

~関口君より一言~

僕は受験期は毎日「日単位ToDoリスト」を作っていました。やはり目的意識がないとダラダラと過ごしてしまいがちになるので、紙に書き出すことでその日にやるべきことをしっかりと意識できるようにしていました。ちなみに紙のサイズはB5ノートを半分に切ったもので、ポケットに入れて一日中持ち歩いていました。
この習慣は僕の受験勉強においてかなり重要なものだったと思いますので皆さんもぜひ「日単位ToDoリスト」を作ってみてください。

(*写真は拡大できます*)

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

~解説~

彼は、その日にやることを小さな紙に書き出して持ち歩くことでしっかりと目的意識を保って一日を過ごせていたという。
また、紙には「やることリスト」だけでなく「その日の名言(的なもの)」や「勉強時間の記録」「勉強場所の移動案」みたいなものも書き込まれている。
皆さんも是非、オリジナルの機能を持ったやることリストを作って欲しい。

~対応テンプレート~

☆BKKトップページへ☆


やりたいことと、やったこと

~プロフィール~
名前:大木涼太郎
高校:巣鴨高校
出身:大阪
生年月日:1998/1/18
現浪:一浪
科類:文科二類
趣味:一人旅
得意科目:英/社
苦手科目:現代文

~大木君から一言~

この手帳は、僕が一日に「やりたいこと」と「実際にやったこと」を記録したものだ。時間の横線が入ったページを利用し、一日の欄を縦に割り、まずは左側に「何を何時~何時にやるのか」という理想の計画を立てる。次に、それをきちんとこなすことができたら該当枠にバツ印を入れていき、実際には何を何時~何時にしたのか、とういうことを記録していくんだ。

~解説~

手帳を縦に割って「計画と記録」を書き込む、という手法はかなり独創的な工夫であり、面白い。彼がこの手帳を元に毎日の勉強管理を行い合格を手にしたことは間違いないので、少しでも興味が湧いた皆さんはぜひ、真似してみてはいかがだろうか。


公式冊子『受験戦争』

“日単位ToDoリスト”対応ページ
(*写真をタップすると紹介ページに飛びます*)
>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます