テスト前は徹夜or早起き?徹夜の勉強方法と早起き勉強のメリットを解説!

全国の中高生のみなさん、こんにちは。東大BKKです。

この記事を読みにきてくれた方は「徹夜で勉強を実践しようか考えている人」や、「実際に徹夜勉強をしたことがある」ような人だと思います。

テスト勉強を怠った挙句、テスト前になって「テスト範囲が全然終わんない!」という状態になりがちな人も多いのではないでしょうか。

世間的な常識の観点から、「徹夜は悪だ!」などというようなありふれた主張を東大BKKはこの記事でするつもりはありません

徹夜と早寝早起きというものを比較した上で、実際に皆さんが取りがちな徹夜勉強について、その効果的な方法を紹介していきます。

この記事を読めばいつもはダラダラやりがちな、テスト前の一夜漬けの徹夜勉強も上手くいく突破口が見えてきます!

(※この記事は2分で読み終わります。少々お時間頂けると幸いです(_ _).。o○)

【徹夜VS早寝早起き】徹夜で勉強していいのはテスト前だけ!

東大BKKでは、「徹夜VS早寝早起き」という永遠のテーマに対して、2つのタイプがあると分析しています。

この記事を読んでいるあなたが受験生かどうか、つまり受験勉強のために徹夜、早寝早起きを考えているか、もしくはテスト勉強のために徹夜、早寝早起きを考えているかで話が変わってきます。

結論から言うと下のようになります。

  1. 受験生→徹夜は基本的にすべきでない。早寝早起きをすべき
  2. テスト勉強→徹夜で一夜漬け勉強をしてもかまわない(ただしテスト期間全体で2,3日が限度)

徹夜VS早寝早起きについて紀井くんから一言

~プロフィール~
名前:紀井
高校:愛光学園高校
出身:愛媛県
生年月日:1999年
現浪:現役
科類:文科二類
趣味:自転車旅
得意科目:数学
苦手科目:英語
写真:バイト中

 

僕が受験を意識し始めたのは、高校3年生です。元々計画性がない性格だったので、学校のテスト勉強前はほとんど徹夜で勉強していました。

テスト前日の徹夜勉強のメリットは、暗記ものを覚えて間もない状態でテストに望むことができることでしょうか。英単語や社会の単語はテスト前日に暗記するということが多かったです。ただし、数学など考える系の科目については元々夜型の人間ではないので、徹夜で勉強しても頭に入らず、「徹夜勉強 失敗」ということも何度かありました。。。

受験生になってからは朝型の生活に切り替えました。個人的に、受験生って毎日がテスト期間のような感じだと思うんですよ。

僕の場合、徹夜で勉強をした次の日はテンションがどうしても低くなってしまっていました。朝方(6時30起床)に切り替えることで、気持ちよく1日を始めることが出来ます。何より受験勉強のストレスが溜まりにくいというメリットもありました。

〜解説〜

彼の言うとおり、受験生は毎日がテスト期間です。1日だけ勉強したところで効果が得られるものではありません。

毎日努力を積み重ね続けることで、大きな成功を掴むことができます。毎日コツコツ努力を積み重ねるためにも、朝型の生活リズムにしておくべきです。というのも、これも紀井くんが言ってくれていますが、受験にはストレスがつきものです。徹夜をするとどうしても睡眠時間が短くなりがちですが、そうなると日中に十分な集中力を発揮できないことがあります。

受験生の皆さんは自分の身体に合った規則正しい生活を送りましょう。

一方、テスト前は徹夜勉強もやむなしという主張を東大BKKはします。(基本的には、テストに対して計画的に勉強をおこなっていくことが将来の受験に対して役立つので、推奨はしていませんが。)

次項:徹夜勉強ができる人になろう。徹夜で勉強:その方法、効率、効果など様々な視点から分析!

次項では、徹夜で勉強するということについて、再び紀井くんの具体例も交えて、真面目に分析していきます。

ダラダラ勉強するのではなく、効果的な徹夜勉強、一夜漬けができるようになるためのノウハウを7つのポイントから紹介していきます!「夕食を食べ終えてからの徹夜までの流れ」も読めば分かります!

次ページ《(2)テスト前の一夜漬けで乗り切る!【効果的な徹夜勉強の方法を紹介!】

→(3)早寝早起きは4文の徳!?受験生は早起きして勉強すべき理由

RELATED

data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"