自宅・家で勉強に集中する方法を東大生が徹底解説!効率のいい方法は?

皆さんこんにちは、東大BKKです!

自宅・家で勉強に集中できないんだけど・・・」「家で勉強に集中する方法を教えて!!」

あなたも今、こんなことを考えていませんか?

 

この記事では家での勉強をテーマに解説していきます。

家で勉強できない原因から、集中する対処法を説明しているので、

これを読めば、家での勉強に集中できてライバルと差をつけることができるようになります!

 

記事は2~3分で読み終わります。少しでも受験生の皆さんのお役にたてれば幸いです。

自宅で勉強できない受験生は落ちる話

いきなりですが、自宅・家で勉強ができない受験生は受験生として非常にまずいです。

自宅で勉強ができないということはどれくらいの勉強時間を失っているのか理解していますか?

受験生が自宅にいる時間はおそらく学校終わり、塾帰りの時間という夜の時間だけだと思います(受験生で朝自宅で勉強するほどの早起きはいないと仮定)。

  • 学校帰り・・・寝るまでに6時間程度
  • 塾帰り・・・寝るまでに2~3時間

とはいえ、自宅にいる時間全てを勉強時間にするのは不可能です。

食事もありますし、お風呂もありますし、最低限のリラックスタイムもあります。

なので、学校直帰宅なら2~3時間、塾帰りなら1時間を勉強時間にすることができると計算すると、半年で

  • 学校直帰宅・・・360~540時間
  • 塾帰り・・・180時間

です。

ヤバイですよね。現役生が夏休み死に物狂いで1日10時間*30日やっても300時間です。

「むー」監修の下克上勉強計画
(↑紹介ページに飛びます)

日々の努力の積み重ねが大切」という言葉の重みを知ることができる計算になりました。毎日ちょっと家で勉強するだけで、受験生の夏休みをもう一回作ることができるのです。

 

反対にこの時間を全て勉強しなかったら、家で勉強している人に比べて夏休み一回分の勉強時間の差をつけられてしまいます。

つまり、とにかく家で勉強しないとヤバいんです。自分がどうこう以前に、ライバル受験生と差をつけられたくないならば家で勉強するしかないのです。

 

自宅で勉強ができない原因

「家で勉強できないとヤバイ!」というのは理解してくれたかと思いますが、その一方で家で勉強に集中できない理由も凄く分かります。

代表的な理由はこの2つでしょうか。

  1. 誘惑が多すぎる
  2. 緊張感が生まれない

誘惑が多すぎる

  • スマートフォン
  • テレビ
  • 漫画
  • 睡眠

などなど、あまりにも勉強しなくても時間を過ごすことのできる誘惑が多すぎます。

おそらく多くの高校生が本格的に受験勉強を始めるまで、まとまって自宅で勉強できた経験はない人が多いと思います。筆者も高校のテスト前だけはなんとか集中して家で勉強できる、という感じで基本的には家で勉強するときはダラけがちでした。

緊張感が生まれない

生活している空間なので、勉強するにしても集中力の高まり、つまり緊張感が生まれないのが自宅です。

こうなると集中しようと思っても、微妙な集中でしか勉強することができず、

  • 勉強時間が短い
  • 勉強の質・集中力も低い

という勉強効率が最底辺になってしまうのです。

自宅で勉強に集中する方法

家で勉強するメリットを考えてみる

方法の前に、自宅で勉強するメリットを考えてみましょう。ザッと並べるに、こんな感じ。

  • 音楽流してもOK
  • 声を出してもOK
  • 動きながら勉強してもOK
  • 勝手に休憩してOK

まとめると、家での勉強は「自由」です。その自由が「誘惑が多すぎる」というようなデメリットにもつながるのですが、まずはいかにこのメリットを活用してやるかを考えるべきです。

集中する方法

ズバリポイントはとにかくフリースタイルで勉強することに尽きるのですが、こんな感じ。

  1. 音読の科目をする
  2. コーヒーを飲む

声に出して読むことで、集中できるようになるのは受験業界では何年も昔から言われている説です。それはその通りで、筆者も音読は有効活用していたタイプです。

せっかくの家での勉強なので、

  • 英語長文
  • 英単語
  • 古文
  • 漢文

などなど、声に出したら効果がありそうな暗記科目をやるのが戦略的です。

また、集中するには当然ですがコーヒーを飲むというのも1種の方法です。

カフェインで脳を無理やり覚醒させて、

あ、こんないい感じの気分だから、勉強するしかない!!

というふうに感情を持っていかすことできれば勝ちです。カフェインで家の特徴である「自由」に制限をかけてやりましょう。無理やり勉強する体勢を整えるのも大切な戦略の1つです。

 

東大生筆者の家での勉強法

ここまで、「自宅で勉強できないとヤバイ!」と何回も主張してきていますが、実際に筆者が家で勉強し始めたのは夏休み以降です。

高3の1学期はやるべきということはわかっていても、やっぱり身体がスマホに向かってしまうという状況でした。

そして夏休みを経て学校が再開すると、筆者は「ヤバイ、勉強する時間が、学校に行くと全然ない!

ということに気がつきました。ここが完全な転機で、それ以降は家でも勉強をする・できるようになりました。

 

なので、筆者の実例ではやらなきゃと思って自宅で勉強できるようになったのではなく、やんなきゃ落ちるという思いが強くなって自宅で勉強できるようになりました

だから今自宅で勉強に集中できない皆さんも本気で第一志望に合格したいなと考えたら、自宅で勉強しなきゃという強迫観念にかられる日が来ます。そして自宅で勉強できるようになる日が来ます。

上記の

  • 声に出して読む科目をする
  • コーヒーを飲んでみる

といった集中法が効かない人はぜひその日が来るのを待っていてください。

実際に家で勉強するようになったら〜集中するコツ

そして実際に家で勉強するようになったときのコツがあります。

それは短い時間で終わることをやりまくることです。

いざ家で暗記科目以外の勉強するようになっても、やはりその集中力と勉強時間は塾の自習室なんかに比べると質が低いことがほとんどです。

つまり、家では

  • 短い時間
  • そんなに高くない集中力

しか発揮できないのです。これはもうどうしようもない事実なので、反対に

  • 短い時間で、脳の5~8割くらいでできる問題

を自宅ではやるようにしましょう。

具体的には30分を1区切りにして、復習問題を解くのが無難です。

そんなに集中力が続かないことを認めて、うまく勉強することをコントロールいていってください。

自宅で勉強して受験をのりこえる!

今回は自宅での勉強をテーマに解説してきました。

自宅での勉強をしなければ受からないことは今回口をすっぱくして説明しました。

本気で受かりてえなと思えば、いつの間にか家でも勉強するようになっているので、その時は今回紹介したようにぜひ工夫して効率の高い勉強をしてください!

 

自分だけの勉強計画が
欲しい人へ

受験に必要なのは信頼できる先生でも塾でもありません。

合格から逆算した勉強計画です。

あなただけのオリジナルの勉強計画が欲しい人はぜひ、

【BKK推薦】オリジナル勉強計画で勉強を効率化する方法
(↑紹介ページに飛びます)

をご覧ください。

まずはオリジナル勉強計画の
具体的な内容を見てみる

RELATED