地理の勉強法

地図帳・データブックの活用

まず基本として、授業中はもちろん問題演習の際にも常に手元に地図帳とデータブックを置きましょう。

分からない地名が出てきたときには、その土地だけでなく地図帳で周囲の都市との位置関係や地形の確認をしましょう。

ピンポイントで暗記するのは難しく、最終的には莫大な量になってしまうので、関連性を意識して学習しましょう。

また付箋を貼ってメモをどんどん加えていくのも良い方法です。地図帳を開くたびに目にすることになり、十分定着したと思ったら取り外すこともできます。

また付箋を使った色分けによって同一地図上に貼ってもすぐにジャンル別に必要な情報を抜き出せるという利点もあります。

同様にデータブックも活用しましょう。

何かあるたびに開き、毎回必ず1つの新規情報を覚えましょう。マーカーを使っても良いでしょう。


自分だけの勉強計画が
欲しい人へ

受験に必要なのは信頼できる先生でも塾でもありません。

合格から逆算した勉強計画です。

あなただけのオリジナルの勉強計画が欲しい人はぜひ、

オリジナル勉強計画で勉強を効率化する方法

をご覧ください。

→まずはオリジナル勉強計画の
具体的な内容を見てみる

問題演習のやり方

まず教科書内容の定着には、書き込み式のノートを活用しましょう。

わからないところは教科書に戻って再確認してください。

穴埋めでオススメは『地理Bの必修整理ノート(文英堂)』です。教科書内容に沿っているため使いやすいです。

さらに週末等余力のある時には『実力をつける地理100題(Z会出版編集部)』で1週間の授業分の復習をしてください。

量・質ともに負担はかなり大きいですが、二次試験で地理がある人にとっては論述にもつながる良い問題集です。

ただ、少し難しい程度ならばいいですが、あまりにも分からなさすぎたら別の問題集に変えてください。

答え合わせでは必ず地図帳で確認しましょう。

(3)「センター対策」「論述対策」

(1)「地理で問われる力」「基本概念と知識の確認」