地理の勉強法

今回は地理の勉強法について紹介します。

地歴公民のうち地理は歴史を扱う日本史、世界史とは全く性質の異なる科目です。

理系の人が多くセンター試験で受験することからも単純暗記だけではなく考察力を必要とする教科であることがわかります。

このページでは、

(1)「地理で問われる力」「基本概念と知識の確認」
(2)「地図帳・データブックの活用」「問題演習のやり方」
(3)「センター対策」「論述対策」

という形で、地理において必要な力とその習得方法をじっくりと見ていきます。


地理で問われる力

地理は大きく分けて系統地理と地誌の2つに分けられます。

この2分野は抽象と具体の関係性を持っているので結びつけて勉強しましょう。

しかしながら基礎知識を完璧にしても高得点が必ずしも取れるわけではないことに注意してください。

「図表、グラフを読み取る力」がかなりものを言ってくるので意識して学習してください。

基礎知識の暗記、図表の分析応力、さらにそれを元にした考察力、と地理は様々な力が問われる科目と言えますね。


基礎概念と知識の確認

地理という教科はその性質上、知識が木のように幹から枝、葉につながるが如く派生しています。

まずはその幹の部分を安定させるために地理の全体像をつかみましょう。

『山岡の地理B教室(山岡信幸、ナガセ)』のように講義形式のものを使って、学校の授業進度に関係なく、教科書一周相当を読んでみてください。

一通りの内容・流れの理解に努めることが肝要です。

流れをつかんだ後は知識の定着へと移りますが、「使える知識」である必要があります。

「使える知識」とは、都市とグラフの対応、国と生産量のランキングなど、問題に対して組み合わせられる知識のことです。

知識としてデータと国名を関連させて覚えるのが大変な場合は、白地図を使って自分の手でビジュアル化しましょう

さらに資料を生かすことも理解につながります。

資料は教科書、プリント様々なところに載っています。

ただその量が莫大なので、1つの資料から1回で覚える情報は限定しましょう。一度に大量に詰め込むと記憶の質が低下してしまいます。

日を分けて何回も見て何個も新しい情報を得ることを心がけましょう。

(2)「地図帳・データブックの活用」「問題演習のやり方」
(3)「センター対策」「論述対策」