勉強場所

受験生の半分ほど(特に通塾していない人)は、自宅がスタンダードな勉強場所であることが多いようです。

単調な受験勉強を続けていると、いつもの勉強場所ではなかなかエンジンがかかりづらかったり、気が散ったりしてしまうこともあるからでしょう。

しかし、図書館やカフェ、塾の自習室にファミレスまで、実は受験生が勉強できる場所は意外とたくさんあります。

受験生の中には、渡り鳥のように勉強場所を転々としながら勉強する人もいます。

身の回りの勉強場所を積極的に探し、気分転換に移動しながら勉強してみてはいかがでしょうか。

今回は勉強場所としてよく使われる10の場所について、その長所と短所をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。


⑴自分の部屋

Good
・自分の慣れ親しんだ環境で落ち着いて勉強ができるし、勉強道具が揃っているので好きな科目の勉強ができる。
・もちろんタダなので経済的、移動時間が0なのも魅力的。人の目が気になることもない。

Bad
・慣れ親しんだ環境であるがゆえに緊張感がない。
・ついだれてしまったり集中できなかったりする。
・漫画やパソコン、布団など誘惑も多い。
・ただ、これはその誘惑を別室に隔離することで対処できる。


⑵リビング

Good
・親の目が無言の圧力となって(声に出していってくる親も中にはいるが)、自分の勉強を後押ししてくれる。
・親に対して勉強しているアピールを送ることもできる。
・頑張ってるね!と親から褒められるとやる気も増す。
・適度な雑音(生活音)が集中を増す

Bad
・家族の話し声やテレビの音など雑音・誘惑が多い。


⑶自宅(その他)

Good
・自宅なので移動時間や利用料といったコストがかからない。
・その上自分の部屋とは違った環境なので集中が続きやすい。

Bad
・勉強できる環境を整えなければならず、時間がかかる。
・そもそも勉強するための場所ではないため、エアコンがなかったり湿度が高かったり、様々な障害がある。
・必ずしも快適な環境ではない。


⑷友人宅

Good
・友人とわからないところを教えあいながら勉強できる。
・人に教えることは自分の理解を大いに深めてくれるため有益である。
・飲食が自由、時には友人の親が差し入れを出してくれることも。

Bad
・教えあいのはずがただのおしゃべりになってしまうことは多い。
・そもそも相手が自分以上に勉強ができないと、わからなさを共有するだけにとどまってしまう。


⑸図書館

Good
・無料で利用できる。
・利用者が皆集中しているため、良い刺激になって自分も集中できる。

Bad
・人気が高く小・中学生や社会人も多く利用するため、自分が利用していない時に席を取れないことがよくある。
・特に土日や長期休暇中は大変混んでいる。
・ただし、朝早くにいくと席を確保しやすい。
・雰囲気がピリピリしすぎて居心地が悪い時もある。

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

⑹学校の教室

Good
・夕暮れ時に外からの風を受けながらする勉強は風情がある。
・先生・友人に質問しやすい。進路資料室が併設されている場合は入試過去問・模試過去問・参考書などの教材を利用できる。
・入試が近くなればなるほど、気合の入った同級生とともに集中して勉強できる。
・先生が声をかけてくれることもあり、励みになる。

Bad
・放課後からの利用になり、夜もあまり遅くまでは開いていないため長時間の利用はできない。
・日曜・祝日は開いていない高校がある。
・空調がケチられる場合がある。


⑺予備校の自習室

Good
・勉強に集中できる環境がかなりの力を入れて整備されている。
・机が広いところが多く、たくさんの勉強道具を置ける。
・先生やチューターにすぐ質問することができる。
・ライバルがいる、という緊張感も良い刺激になる。

Bad
・私語厳禁・皆非常に集中している一方、中には信じられないような勉強の仕方をする人(常時口呼吸でうるさい人、ボールペンをカチカチ言わせる人、あーとかうーんとかうなる人、独り言が止まらない人など)がいて集中できないこともある。


⑻カフェ

Good
・落ち着いた雰囲気とコーヒーの覚醒効果、甘いものによる糖分補給によって学習の能率が高まる。
・リッチな気分にもなれる。

Bad
・単価が高いため利用コストが高い。
・学生の勉強はお断りしているカフェもある。


⑼ファミレス

Good
・ドリンク飲み放題。
・机が広いため、参考書をたくさん置くことができる。
・友達とワイワイしながら勉強できる。

Bad
・商品が高いので利用にコストがかかる。
・混雑時に長時間占拠するのは迷惑になってしまう。


⑽ファストフード

Good
・商品が安いので利用にかかるコストが低い。
・気軽に行ける。
・長居しにくい環境だが、だからこそ短い時間に凝縮した勉強ができる。

Bad
・そもそも勉強する場所ではなく、回転率を重視するタイプのお店なので学生の勉強は迷惑行為である。
・店から学校に、勉強場所としての利用を控えるよう苦情が来ることも
・他の客の話し声がうるさい。
・机が小さく勉強道具を置けない。


いつも同じ場所で勉強していると、ストレスがたまってしまいがちです。

ここでは以上の10箇所について扱いましたが、他にも、みなさんの周りには勉強できる場所がたくさんあるはずです。

気分転換だと思って積極的に探してみてはいかがでしょうか。

☆BKKトップページへ☆

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

Facebookフォローはこちら!