モチベーション維持(4)

合格発表をイメージする

想像力が豊かな人は、成功/失敗のイメージを思い浮かべてみるのも効果的です。

合格発表の瞬間をイメージし、自分の番号がある、あるいは合格通知が届くイメージや、逆に不合格を言い渡される瞬間のイメージしてみてください。

興奮や不安にかられることでしょう。

寝る前にやると眠れなくなりますが、たまには不安で眠れない夜もあった方が、日々緊張感を保って勉強することができます。


放置する

中には、「やる気がなくなった時は何もしない。そろそろやばいな、と感じ出したらそこから猛進を再開する」みたいなツワモノもいます。

これはこれである意味理にかなったやり方で、やる気がなくなった時は、その状態でノロノロ勉強したり、元に戻そうとジタバタするよりは、一旦勉強をストップすることで、再び自然にやる気を取り戻すのをまつというやり方です。

人間のやる気には波がある、と考え、波がきた時に人一倍頑張ればいいのだ、という考えに賛同できる人にはオススメの方法と言えるでしょう。


まとめ

やる気の出し方は、人によって実に様々です。

ここで、本コーナーで紹介した方法を復習しておくと、

・苦しい努力の時期を越え、「できる」という感覚を獲得する
・身近なライバルを設定する
・合格体験記を読む
・休息をとる
・習慣化する
・睡眠と運動を大事にする
・自分よりしょぼい先人を見つける
・可視化する
・目標を公言して自分を追い込む
・合格発表をイメージする
・放置する

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

といった感じになります。

受験は、息を呑むような真剣勝負です。

周りが前進を続ける中自分が立ち止まったら、それは相対的な後退となります。

本コーナーを読んだみなさんがしっかりとモチベーションを維持し、受験を勝ち抜いてくださることを願って止みません。

また、本サークルでは、サイトの記事内容にほぼ対応した内容をより深く掘り下げた公式冊子を、通販限定で販売中です。

興味のある人はそちらもご利用ください!

公式冊子『受験戦争』

“モチベーション維持”対応ページのイメージ

(*写真をタップすると紹介ページに飛びます*)

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

(1)「勉強が『できる』」という感覚」「ライバルを設定」
(2)「合格体験記を読む」「休息をとる」「習慣化する」「睡眠を大事にする」
(3)「自分よりショボい先人を見つける」「可視化する」「公言する」