【テスト前日】ヤバイ!間に合わない!?東大生が、前日にやるべき勉強法を徹底紹介

ヤバイ!終わらない!間に合わない!!もうヤダ!(笑)

テスト前日には、誰しもそんな気持ちになりますよね…

そもそもテスト自体ダルいし、早く終わって欲しい…と感じている皆さんも多いことでしょう。

しかし、そう願っているだけでは、テストは乗り越えられません。

本記事では、東大生である私山岡が、テスト前日に気持ちを前向きにして行く方法、そして可能な限り高得点を取るためのとっておきの勉強法を徹底紹介していきます。

テストが終われば、最高の開放感が待っています。この記事を読んで、ラストスパート頑張りましょう!

 

テスト前日!間に合わない!?やるべきこととは

諦めない!

テスト前日は、誰しも「間に合わない!」と感じているものです。しっかり対策してきた人でも、まだまだ強化したい箇所は無限にありますし、ノー勉の人はなさらら焦りを感じているでしょう。

しかし「間に合わない」と決めつけて諦めてしまうのはまだ早いです。

テスト前日は、ベッドに入る最後のその瞬間まで、勝負は終わっていません。この記事を読んでいる今この瞬間から、寝るまでの間に(例えそれが短かったとしても)どれだけ詰め込むことができるかで、明日のテストの出来は変わって来るのです。

最後の瞬間まで諦めない人が、テストに強い人と言えるでしょう。

まずは、諦めないこと。気持ちを前向きにした上で、限られた時間で何ができるのかを考えていきましょう↓

まずはヤバさを分析する

テスト前日にやるべきことの第一は、自分の今の状況を冷静に見つめ直すことです。

まずは、テスト範囲の紙を取り出して、並べて見ましょう。(無い人は改めてテスト範囲を書き出して見ましょう)

そして、それぞれの部分において自分がどれくらいできてどれくらいできないのかを明確にしましょう。

テスト前日の心構えの基本となるのは、明日のテストで得点が最大化するような勉強をすることです。

言い換えれば、コスパの良いところだけを集中してやっていくのです。

「むー」監修の下克上勉強計画
(↑紹介ページに飛びます)

まずは範囲と現状を明確にし、どこをやれば最も効率的に点を伸ばせるかを考えましょう。

テストの点数に応じて自分へのご褒美を考えておく

テストのラウトスパートを乗り切るため、テスト後のご褒美を自分で設定しておくことも有効でしょう。

この際、テストが終わったら〜〜をする、という妄想をするだけでなく、しっかり目標点数と連動した報酬を設定することが大事です。

〇〇点以上取れたら〇〇をする、といった形で目標を決め、それを周りの人にも伝えておくと良いでしょう。

テスト前日の心構え

新しいことに手を出さない

テスト前日の勉強で、全科目に共通して言えることは、とにかく「新しいことや全く分からないことに手を出さない」ことです。

まずはパラパラと教科書をめくって、なんとなく書いてあることの意味が分かるところから手をつけましょう。

テスト前日はとにかく時間を大事にして、やるべき箇所を絞り、効率を最大化する必要があります。

全く分からない箇所を理解することに時間を使うのは勿体無いので、まずは知っていること、分かりやすい部分を完璧にし、そこだけでも確実に得点できるように持っていくことが大事でしょう。

早寝早起きを心がける

また、テスト期間中は徹底して早寝早起きを心がけましょう

寝不足は、試験本番でのパフォーマンスを著しく下げてしまいます。

テスト本番に万全のコンディションで望むためには、しっかり睡眠時間を確保し、頭をリセットした状態で本番を迎える必要があります。

ベッドに入ってからなかなか寝付けないということもあるかもしれないので、できるだけ早めにベッドに入り、最低でも6~7.5時間の睡眠は確保できるようにしましょう。

また、人間の脳みそは起きてから3時間ほど経ってから本領を発揮すると言われています。

テスト本番は、可能な限り早起きし、テストが始まるまでの時間で計算問題をこなすなど、頭のウォーミングアップになるようなことをやるようにしましょう。

ノー勉の人は…?

テスト前日だというのに、ヤバい…ノー勉だ、という人もいるでしょう。

しかし、そこで諦めて放棄してはいけません。

ノー勉の人もノー勉なりに、最後までできることをし、可能な限り点数を伸ばす努力をする必要があります。

とりあえず教科書をパラパラ見る

ノー勉の人がまず出来ることは、教科書の該当範囲をパラパラと見てみることです。

そしてまずは、重要そうな単語を片っ端から頭に叩き込みましょう!

勉強の基礎は、重要な単語を暗記することです。

まずは教科書の太字の単語から覚えていき、国語であれば範囲の文章を読み直したり、数学であれば基礎となる例題問題を解き直したりといったことができるでしょう。

ノー勉で諦めかけている人は、まずは教科書を開き、パラパラと読んでみることから始めるといいかもしれません。

出そうな範囲に山を張って絞る

また、ノー勉の人は、とにかく限られた時間で点数を最大化するための勉強をする必要があります。

教科書をパラパラと読んで理解し、基礎をつかむことができたら、深掘りして勉強する箇所については範囲を絞り、「ここが出てくれればラッキー」というつもりで一箇所ずつ強化して行きましょう。

これを、「山を張る」と言いますね。笑

なんとなくよくないイメージですが、ノー勉勢にとっては実に有効な勉強法で、一点突破で運に身をまかせるというのも正しい戦略の一つと言えるでしょう。

テスト前日!とっておきの勉強法!

ここからは、各科目についてテスト前日にやるべき勉強法について解説していきます。

英語

まずは、テスト範囲で出現する単語をしっかり覚えましょう。

単語が頭に入っているという人は、範囲の英文の和訳に目を通すなどもしておくと良いでしょう。

また、文法などの演習問題については、一度解いた時に間違えた箇所をピックアップし、そこの部分の知識をまとめて紙かノートに書き出しましょう。そしてそれを、テストの直前まで事あるごとに見直し、直前の直前まで知識を詰め込む努力をしましょう。

数学

数学については、まずは基礎問題が解けるか確認するところから始まります。

教科書や参考書に乗っている例題問題をしっかり解き直し、基礎レベルの公式が頭に入っているか確認しましょう(入っていなければしっかり入れ直しましょう)。

数学の前日の勉強で大事になるのは、とにかく範囲の基礎レベルがしっかり抑えられているか確認することです。

その上で、授業ノートや演習ノートなども見直し、計算過程や記述問題などで気をつけたいポイントをしっかり復習しておくと良いでしょう。

国語

現代文に関しては、まずは範囲の文書を読み直した上で、あとはとにかく授業ノートを復習することです。

授業で先生が解説していたポイント、力を入れていた箇所はどこだったのかをしっかり思い出すことが、現代文で一番有効な勉強法となるでしょう。

古文と漢文に関しては、範囲の文章があればそれを読むこと、そしてとにかく何よりも、基礎となる単語や文法をしっかり頭に叩き込むことです。

ぶっちゃけ、古文漢文に関しては、単語と文法の暗記が勉強のほとんどになります。

語呂合わせなども沢山ありますから、とにかく無理矢理にでもそれらを覚えてしまいましょう。

理科

理科についても、やはりテスト前日にやるべきことはとにかく基礎の復習です。

教科書をパラパラ読むところから始め、ノートをしっかり取っている人はノートの読み返しも行いましょう。

特に、生物に関しては用語を、化学に関しては用語や化学式を、物理に関しては基礎の公式をまずは徹底して頭に叩き込みましょう。

そうしたステップがすでにクリアできているよという人は、基礎レベルの練習問題を時間の許す限り解き、知識の抜け落ちを埋めていくようにしましょう。

社会

社会に関しても他の科目と同様、まずは範囲の教科書を読み、重要な単語に抜け落ちがないか確認しましょう。

特に高校レベルの世界史と日本史は、覚えるべき単語の量が膨大になります。

覚える時は、ただ目で追うだけでなく、紙に書いたり声に出すなどして五感を使って記憶の定着を図るようにしましょう。

その上でノートを見直したり、練習問題を解いて知識の抜け落ちを見つけていくなどして、穴を埋めていきましょう。

その際見つかった知識の抜け落ちは、紙などにまとめておき、テストの直前まで繰り返し見ることで可能な限り詰め込む努力をしましょう。

テスト当日の朝は?

最後に、テスト当日の朝の心構えについても触れておきます。

しっかり寝れたことを確認する

まずは、起きる前に自分がしっかり寝れたことを確認してください。

十分な睡眠は、テストでパフォーマンスを最大化する上で必ず必要です。

時間ギリギリに起きてしまう場合は仕方ありませんが、早起きするつもりでいて、けど正直まだよく眠れていない、と言う場合にはそのまま睡眠を優先した方が良いでしょう。

しっかり朝ごはんを食べる

朝起きてまずはじめにしなければならないのは、朝ごはんをしっかり食べることです。

朝ごはんは、午前中の脳みそをドライブするエネルギーになります。

これを抜かして家を出ると、昼ごはんを食べるまでのパフォーマンスが強烈に落ちるばかりか、その日1日もなんとなく気だるさを残したまま過ごすことになります。

これは、人間が本能的に、朝ごはんを食べないと「今日は栄養を摂れない日だな。じゃあ体のエネルギーを節約しよう」と省エネモードに入ってしまうためです。

とにかく朝ごはんはしっかり食べる。徹底しましょう。

チョコレートとコーヒー

テストの直前には、チョコレートとコーヒーを摂ると良いでしょう。

頭を働かせてくれる栄養素は「ブドウ糖」と呼ばれるもので、チョコレートはブドウ糖の塊です。

またコーヒーは心臓の鼓動を促進し、頭に新鮮な血液を送ってくれます。

チョコレートとコーヒーは、ここ一番と言う正念場での強い味方になります。

テストには必ず持参し、直前にしっかり摂取するようにしましょう。

計算や文章で頭を働かせる

頭のウォーミングアップという意味では、朝起きてからテストまでの間に計算問題や文章問題を解き、頭をほぐしておくということも非常に重要です。

数学の試験であれば、朝に少し軽い計算問題をこなしてからテストを受けることは劇的にパフォーマンスを高めてくれますし、国語であれば軽く文章を読んでおくなどで同様の効果が得られます。

英語に関しても、英文を音読するなどして、脳みそを英語モードに切り替えておくと良いでしょう。

英数国に関しては特にですが、本番のコンディションによって点数は大きく左右されます。

しっかりウォーミングアップをして、パフォーマンスを最大化するようにしましょう。

暗記ものの確認をパラパラ

そして最後に、暗記物に関しては直前の直前まで諦めずに詰め込んで下さい。

このことも、非常に差のつくポイントです。

せっかく覚えても、本番でど忘れしてしまっては意味がありません。

テスト直前にパラパラとでも見ておけば、それが記憶の引き金となって、本番で思い出せる確率が高まります。

直前の直前、最後の最後まで諦めず、暗記物の確認の作業を怠らないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

テスト前日とはいえ、まだまだできることはあり、むしろテスト前日の過ごし方によって、明日のテストでの出来は大きく左右されてくることでしょう。

辛いテストも、乗り切ってしまえば一種の思い出です。ラストスパート、全力で走り抜いて下さい!

 

自分だけの勉強計画が
欲しい人へ

受験に必要なのは信頼できる先生でも塾でもありません。

合格から逆算した勉強計画です。

あなただけのオリジナルの勉強計画が欲しい人はぜひ、

【BKK推薦】オリジナル勉強計画で勉強を効率化する方法
(↑紹介ページに飛びます)

をご覧ください。

まずはオリジナル勉強計画の
具体的な内容を見てみる

RELATED