テストの対策と分析(2)

一点でも多く取る

テストに全力で取り組む上で欠かせないのが、「1点でも多く取るためにできることを全てやる」という姿勢でしょう。

事前のテスト勉強で、「ここは個人的に嫌いだから覚えない、面倒臭いからやらない、出ないことを祈る」などと言っていませんか。

また、本番においても、大した作戦もなく「とりあえず」前からとき進めていったり、早く解き終わったのに見直しを面倒がってのんびりしていたりしませんか。

これらの行動は、テストに「全力で」取り組んでいるとは言えません。

サボった箇所が出題されたら、「たまたま運が悪かった」で済ませ、ミスにより失点したら「見直しさえしておけば大丈夫だった」などと言っているようでは永遠に進歩はないのです。

とにかく、一点でも多く取る、取れる可能性を生みだすためには、できることは全てする。

この心構えを徹底しましょう。


苦手科目をサボらない

苦手科目を、サボらないようにしましょう。

科目間のバランスをとり合計点を重視することも「勝負」には必要なことです。

普段から得意科目の方が勉強していて楽しいのは誰でも同じですし、科目により点数や偏差値に大きな差が出てしまう人もいると思います。

苦手科目のテストはどうせできないからテストが返ってきてからの復習を重視し、得意科目で出せる点数を伸ばそう、という考えは一見効率がいいようにも見えますが、これでは受験を勝ち抜く力がいつまでたってもつきません。

複数科目の合計点で勝負する受験、特に科目数が多いセンター試験や国立二次試験においては、1つや2つの科目で高得点が取れても他の科目で大量失点してしまうと合計で弾き出される数字はなかなか伸びてくれません。

だからこそ、苦手意識のある科目であっても「とれるところ」を増やし、それをテストで「とりきる」ことができる力が不可欠なのです。

そのためには勉強時間のバランスを再考する必要があるかもしれませんが、受験本番で勝つためにはどうしても、普段の定期テストから「合計点で勝負できる」ようになっておきたいところです。


気持ちの切り替え

模試では特にですが、「最終科目のテストが完全に終わるまでは今までの分の出来は考えない」ということも練習し、習慣化しましょう。

二日間に渡るセンター試験や国立二次試験では、科目間での気持ちの切り替えは案外重要なポイントになります。

テストが1科目終わるとどうしても答え合わせがしたくなり、そのまま自分の得点がだいたい何点ぐらいになるのかを予想してみたくなりますよね。

周りがそういう雰囲気であればなおさらです。

しかし、これは本当に、百害あって一利なしです。

ここでミスや間違いが発覚し、そのことが気になって後の科目を受けるコンディションに悪影響を及ぼした、という

気になってしまうのは仕方のないことですが、終わってしまった分のテストに関しては「自分は完璧だった」と固く思い込み、次に集中する訓練をしておくと良いでしょう。

(3)「“復習”よりも“分析”を」「分析の際のポイント」「まとめ」

(1)「全力で取り組む意味」「目標を明確にする」

 

公式冊子『受験戦争』

“テストの対策と分析”対応ページのイメージ

(*写真をタップすると紹介ページに飛びます*)

一点でも多く取る

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

テストに全力で取り組む上で欠かせないのが、「1点でも多く取るためにできることを全てやる」という姿勢でしょう。

事前のテスト勉強で、「ここは個人的に嫌いだから覚えない、面倒臭いからやらない、出ないことを祈る」などと言っていませんか。

また、本番においても、大した作戦もなく「とりあえず」前からとき進めていったり、早く解き終わったのに見直しを面倒がってのんびりしていたりしませんか。

これらの行動は、テストに「全力で」取り組んでいるとは言えません。

サボった箇所が出題されたら、「たまたま運が悪かった」で済ませ、ミスにより失点したら「見直しさえしておけば大丈夫だった」などと言っているようでは永遠に進歩はないのです。

とにかく、一点でも多く取る、取れる可能性を生みだすためには、できることは全てする。

この心構えを徹底しましょう。


苦手科目をサボらない

苦手科目を、サボらないようにしましょう。

科目間のバランスをとり合計点を重視することも「勝負」には必要なことです。

普段から得意科目の方が勉強していて楽しいのは誰でも同じですし、科目により点数や偏差値に大きな差が出てしまう人もいると思います。

苦手科目のテストはどうせできないからテストが返ってきてからの復習を重視し、得意科目で出せる点数を伸ばそう、という考えは一見効率がいいようにも見えますが、これでは受験を勝ち抜く力がいつまでたってもつきません。

複数科目の合計点で勝負する受験、特に科目数が多いセンター試験や国立二次試験においては、1つや2つの科目で高得点が取れても他の科目で大量失点してしまうと合計で弾き出される数字はなかなか伸びてくれません。

だからこそ、苦手意識のある科目であっても「とれるところ」を増やし、それをテストで「とりきる」ことができる力が不可欠なのです。

そのためには勉強時間のバランスを再考する必要があるかもしれませんが、受験本番で勝つためにはどうしても、普段の定期テストから「合計点で勝負できる」ようになっておきたいところです。


気持ちの切り替え

模試では特にですが、「最終科目のテストが完全に終わるまでは今までの分の出来は考えない」ということも練習し、習慣化しましょう。

二日間に渡るセンター試験や国立二次試験では、科目間での気持ちの切り替えは案外重要なポイントになります。

テストが1科目終わるとどうしても答え合わせがしたくなり、そのまま自分の得点がだいたい何点ぐらいになるのかを予想してみたくなりますよね。

周りがそういう雰囲気であればなおさらです。

しかし、これは本当に、百害あって一利なしです。

ここでミスや間違いが発覚し、そのことが気になって後の科目を受けるコンディションに悪影響を及ぼした、という

気になってしまうのは仕方のないことですが、終わってしまった分のテストに関しては「自分は完璧だった」と固く思い込み、次に集中する訓練をしておくと良いでしょう。

(3)「“復習”よりも“分析”を」「分析の際のポイント」「まとめ」

(1)「全力で取り組む意味」「目標を明確にする」

 

公式冊子『受験戦争』

“テストの対策と分析”対応ページのイメージ

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

(*写真をタップすると紹介ページに飛びます*)