テストの対策と分析(1)

はっきり言いいます。

学力の差は、一回一回のテストにどれほど真剣に取り組んだかの差の積み重ねであり、

勉強ができるできないの差は、一回一回のテストをどれほど真剣に分析したかの差です。

ここでは、テストを「勝負の場」と捉えて全力で臨む方法と、そのテストを効果的に「分析」してそれ以降の勉強につなげて行く方法について、

(1)「全力で取り組む意味」「目標を明確にする」

(2)「一点でも多く取る」「苦手科目をサボらない」「気持ちの切り替え」

(3)「“復習”よりも“分析”を」「分析の際のポイント」「まとめ」

の3ページに分けて解説していきたいと思います。


全力で取り組む意味

一回一回のテストを真剣に取り組むか否かということは、長い目で見たときに、皆さんの学力に大きな差をもたらします。

学校の定期テストでは、皆さんがその学期に学習したことをどれだけ理解しているかを先生が把握するため、本当にバランスよく、大事なポイントを押さえて作られています。

定期テストで間違えた問題の内容そのものを復習して覚え直すことはそのまま大学入試の本番対策につながっていきますし、また、自分がどの分野に関する理解が浅かったのかを把握することができれば、そこを再強化することもできます。

さらには、そうした具体的な事項だけでなく、普段の自分の勉強態度を見直す良い機会にもなるでしょう。

模擬試験に関しても、本気で取り組んでできなかった問題からは気づかされることが多いですし、時間配分の戦略や自分のケアレスミスなどについて把握し、実践的な対策を考え直すよい機会になります。

ここで大事なのは、「全力で取り組む」ということです。全力で取り組んでそれでもできなかった部分からのみ、私たちは何らかのヒントや反省を得ることができます。

逆に少しでもそう言う意識が欠けると、「だって本気じゃなかった」という言い訳が可能となり、できなかった部分に関して頑張ったら本当はできたのか、頑張ってもできなかった真の欠点なのかが見えてきません。

こうしたことを考えると、定期試験であれ模試であれ、テスト一回一回を真剣勝負の場と捉えて全力で取り組むことがどれほど大事なことかが理解できるでしょう。

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

では、全力で取り組むとは、具体的にはどのようなことを意味するのでしょうか。


目標を明確にする

何か物事に全力で取り組むためにまず最も大事な条件は、事前にきちんと目標を明確にする、ということです。

目標があって初めて比較があり、喜びや反省があります。

定期試験や模擬試験を受ける際は、必ず、そのテストで自分が達成したい目標を紙に書き出してください

また、目標を「明確に」するというのはつまり、数値で表すということです。

各科目の目標点数や校内順位、偏差値でもいいので、必ず目標を数値で書き出し、テスト結果返却後はその数値との比較で、自分が目標を達成できたのかを見返してみましょう。

さらに、ライバルを設定するというのも、全力で取り組むためのモチベーション維持には大いに効果的です。

詳しくは「モチベーション維持」のコーナーで解説していますので、合わせて参考にしてください。

 

(2)「一点でも多く取る」「苦手科目をサボらない」「気持ちの切り替え」

(3)「“復習”よりも“分析”を」「分析の際のポイント」「まとめ」

 

公式冊子『受験戦争』

“テストの対策と分析”対応ページのイメージ

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

(*写真をタップすると紹介ページに飛びます*)