センター試験攻略作戦(3)

前日

センター試験前日は、準備と睡眠が最優先です。

とにかく試験そのもの以外の不安面を残さずに試験に臨むことを第一に考えてください。

持ち物チェックは寝る前ではなく早めに済ませましょう。

持ち込む教材は最小限にとどめ、むしろ持参すると自分が安心できる、という観点から持ち物を選ぶと良いでしょう。

そして、準備が終わったら、とりあえず早く寝ましょう

寝られなくてもベッドに入ることが大切です。緊張して当然ですから、仮に寝付けなくても焦らないでください。横になって静かにしていれば、脳みそは十分な回復効果を得ることができます。

その他の注意点としては、前日に生ものや胃もたれするものを食べるのは控えましょう。

また、天気予報を確認してあらかじめ朝の出発時間を決めましょう。雪が降る場合は特に注意が必要です。


当日

センター試験当日は、自分のベストを出し切ることのみに集中しましょう。

軽い計算演習や文章の通読などを行い、コンディションを整えるのは効果的です。

試験中は、まずは取れるものを確実に取って行き、それが済んだらあとは一点に執着して粘れるだけ粘りましょう。

試験が終わったら、できなかった問題のことは一切忘れてください。

自己採点もNGです。

周りで他の生徒が答え合わせをしていたとしても、愚行と断定し、完全に無視するようにしましょう。

1日目が終わって帰宅した後も答え合わせは厳禁です。

気が散るだけで、点は1点も上がりません。

あくまで「前」だけを見ていることが大切です。

勉強以外の面では、まず朝は前日に予定した通りに家を出ることを心がけましょう。

そして、試験会場についてからは自分の空間に入りましょう(友達と無理にはしゃいで疲れたり、集中力が減ったりするのは愚行です)。

周りの生徒はどんなに頭が良さそうでもどんな格好をしていても自分には無関係ですから、それらの情報は意図してシャットアウトしましょう。

また、食事は朝・昼ともに軽めがオススメです。

服装は試験室の温度に対応して調節が可能な服であればなんでも良いですが、制服がある学校であれば制服で間違いは絶対にありえませんから制服をお勧めします。

私服の場合は文字(特に英字)がプリントされていない服を必ず選ぶようにしてください。


センター試験後

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

センター試験後はできる限り早いタイミングで、二次試験当日までの計画をざっと立てるようにしましょう。

自己採点の結果が良かった人は、どうしても気が抜けがちになりますが、刻一刻と運命の二次試験が迫ってくることを肝に言い聞かせて、できるだけ早く立ち直って下さい。

結果が芳しくなかった人は、二次試験を受ける大学を変更するのかどうかできるだけ早く決断し、二次試験の点数を最大化することにとにかく気持ちを集中して下さい。

どちらにしろ、センターの結果は早々に忘れて二次試験に集中することです。

勝負はあくまで、二次試験なのです。


まとめ

いかがだったでしょうか。ここまでセンター試験攻略作戦というテーマでお話ししてきましたが、ここでその要点をまとめてみると、

・センター試験は範囲と型が決まっている
・知識量がそのまま点数に反映される
練習の量次第でスピードと正確さを高めていくことができる
・二次試験とかぶる範囲を優先する
・細かすぎる知識は覚えない
・模試で自分の弱点を把握して潰す
・時間がないからこそ、計画を立て、一回一回をストックする
・二学期期末考査の復習を疎かにしない
・直前期は満遍なく演習を積む
・健康管理を怠らない
・朝型生活に切り替える
・前日は、準備と睡眠
・当日は、自己採点はNG
・センター後は、一刻も早く二次試験に向けて再スタートする

といった感じになります。

この記事を読んでくれた皆さんが、センター試験で目標を達成し、二次試験に向けて気持ちの良い再スタートを切れることを願って止みません。

最後に、本サークルではサイトの内容をベースに、受験生の皆さんに取って役立つであろう様々な情報を掲載した公式冊子を、通販限定で販売しております。

興味のある方はぜひ、そちらも合わせてご利用下さい。

☆公式冊子紹介ページへ☆

“センター試験攻略作戦”対応ページのイメージ

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

(1)「優先すべき範囲」「模試について」
(2)「計画とストック」「時期別対策」「体調管理」