センター試験攻略作戦(1)

 

センターは範囲と型が決まっている!

「ほんのちょっとしたミスが人生を決めてしまう」

センター試験直前期はそんな感覚に陥るみなさんも多いのではないでしょうか。

センター試験の対策を考える際の最大のポイントは、センター試験は範囲と型が決まっている、ということです。

範囲が決まっているということは、ある程度までは知識量がそのまま点数に反映するということです。

また型が決まっているということは、練習の量次第でスピードと正確さを高めていくことができるということです。

知識量と練習量。

この二つの視点から考えた時、やはりセンター試験の点数は努力量が如実に反映されると言っていいでしょう。

よって、やる気のある受験生にとって問題となるのはやはり、いかにして正しい努力の方向性を考えるか、ということになります。

ここではそのためのアプローチをいくつか解説した上で、直前期の健康管理やその他注意事項について、

(1)「優先すべき範囲」「模試について」
(2)「計画とストック」「時期別対策」「体調管理」
(3)「前日」「当日」「センター試験後」「まとめ」

の3ページに分けて解説していきたいと思います。


優先すべき範囲

まず初めに、センター対策を行う上で最も意識しなければならないのは「二次試験と被る範囲を優先する」ということです。

それは、二次試験を見据えてのことでもありますし、やる気の問題でもあります。

例えば東大の場合、数学におけるデータの分析や日本史における石器時代、あるいは国語における物語分などは、二次試験では絶対に出ません。
それがわかっているとセンター試験一回専用の対策ということになり、多少やる気が削がれてしまうでしょう。

そんな時は、無理して全てを完璧にしようとするのではなく、自分がやる気の出る範囲からやっていくということが大変重要です。

また、細かすぎる知識は覚えないということも重要です。

受験生の時間は有限です。

目標点数を達成するのに必要と思われる知識以外は後回しにしましょう。

>>>公式冊子販売中!<<<

↑リンクは冊子紹介ページに飛びます↑

やる気の出る範囲からやる細かすぎる知識は後回しにするということを意識した上で、自分の弱点ポイントを把握し、バランスよく伸ばしていくよう努力の方向性を定めていくことがポイントとなるのです。


模試について

模試は積極的に受けるようにしましょう。

直前期になると各予備校がセンター形式の模試を実施します。

ここで出される問題は予備校が過去問を徹底研究した上で作った予想問題であるため、的中することもしばしばで、きちんと復習するだけでも大変役にたちます。

そしてなにより、模試をきっかけに自分が弱い部分を的確に把握し、弱点部分から優先的に勉強していきましょう。

これは、センター試験においてはすでに大体できる部分をさらに伸ばすよりも、全くできない分野を人並みにする方が簡単だからです。

全くできない分野があった場合、その分野で出題確率の高い常識的事項だけを抑えて行けば、050にすることは案外簡単です。
逆に、5080にする努力は出題確率の低い膨大な知識にも手を出さなければならないためかなり大変で、80100にしようという努力はさらにもっと大変です。

まず、弱点を把握して潰す

このことを意識しておきましょう。

 

(2)「計画とストック」「時期別対策」「体調管理」

(3)「前日」「当日」「センター試験後」「まとめ」

 

 

公式冊子『受験戦争』

“センター試験攻略作戦”対応ページのイメージ

>>>公式冊子販売中!<<<

リンクは冊子紹介ページに飛びます

☆公式冊子紹介ページへ☆